仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

最大の屈辱

仁祖はその約束を守らなかった。相変わらず明の意向に沿った行動を取っていることに怒った後金は、1636年に国号を清に変えて12万の大軍を率いて再び朝鮮半島に侵攻した。




仁祖は前回同様に江華島に避難しようとしたが、すでに途中の道は押さえられていて、漢江(ハンガン)の南側にある南漢山城(ナマンサンソン)に1万3千人の兵と籠城した。しかし、軍事力があまりにも違い過ぎた。
結果として、清の軍勢によって繰り返された略奪と放火の影響で、国家は存亡の危機を迎えた。それにより仁祖は降伏し、三田渡(サムジョンド/現在のソウル近郊)で清の皇帝に謝罪をしている。その方法は、3回ひざまずいて9回頭を地面にこすり付けるもので、かなり屈辱的なものだった。(ページ3に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る