韓国時代劇の最高のキャラはやっぱり張禧嬪!

 

韓国時代劇には数々の魅力的な女性が登場するが、そのなかでも抜群の存在感を放つのが、「朝鮮王朝3大悪女」の1人に数えられる張禧嬪(チャン・ヒビン)だ。絶世の美女として歴史書にも記されている彼女は、宮女から側室となり王の子を授かりながらも、最後は死罪となって散る……その経歴は実にドラマ向け。これまでも、彼女をメインにした作品が多く作られているが、その設定は作品ごとに異なっている。これまでの韓国時代劇で張禧嬪がどう描かれてきたのかを見てみよう。

장옥정포스터2

ドラマの主人公として魅力的

朝鮮王朝時代には王の言動を細かく記した公的な歴史書『朝鮮王朝実録』があるが、張禧嬪はそこに「とても美しい顔をしている」と明確に記されている。つまり彼女は、国家記録に残るほどの絶世の美女だったことは間違いない。
張禧嬪がなぜ、悪女として後世に名を残したのかを端的に書くならば、「嫉妬と独占欲から王(=19代王・粛宗〔スクチョン〕)を惑わせて、国政を大いに乱した」からである。




王を惑わす傾国の美女。確かに、ドラマの登場人物としては魅力的であり、過去にも多くの作品で、物語の重要人物として登場している。それだけに、張禧嬪役を任される女優には、抜群の美貌と演技力が求められる。
歴代の張禧嬪を演じてきた名女優たちを見てみよう。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

悪女たちの朝鮮王朝

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る