粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝7

淑嬪・崔氏の告発

粛宗は、愛する妻の死をとても悲しんだ。その翌月、淑嬪・崔氏は張禧嬪が仁顕王后に呪いをかけていたことを告発した。調べてみると、仁顕王后が住んでいた昌慶宮(チャンギョングン)の通明殿(トンミョンジョン)から、呪いの人形や小動物の死骸が出てきた。それを知って激怒した粛宗は、張禧嬪に死罪を言い渡す。
高官たちからは「世子の母親を死罪にしてはなりません」と反対されたが、粛宗は、張禧嬪を絶対に許さなかった。




自ら毒を飲む羽目になった張禧嬪は、「息子に一目会いたい」と願った。粛宗はその願いを聞き入れて、息子に会うことを許した。このとき、誰もが感動的な親子の対面を予想していただろう。しかし、何を思ったのか張禧嬪はいきなり息子の下腹部を思いきり握り出し、それによって息子は失神してしまう。感動的な親子の対面とは程遠いかなり衝撃的なできごとだった。
1720年に粛宗は世を去るが、朝鮮王朝27人の王の中で、女性に関する問題をこれだけ多く起こしたのは、粛宗以外にはいない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

仁顕(イニョン)王后!一度は廃妃になった悲劇の王妃

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る