トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決3〔激動編〕

 

粛宗(スクチョン)と淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏の出会いの背景には派閥闘争がからんでいました。当時、政治的に西人(ソイン)派と南人(ナミン)派が激しく争っていました。その中で、西人派は仁顕(イニョン)王后を支持し、南人派は張禧嬪を後ろで支えました。

DSC_0005

粛宗の気持ちが急に変化

仁顕王后が追放されたことによって、西人派が没落しかけていました。完全に南人派の天下になってきたのです。そこで、西人派がなんとか起死回生を図ろうとして送り込んできたのが淑嬪・崔氏だったのかも。
粛宗は大変な女好きで知られていました。




おそらく淑嬪・崔氏も相当な美女だったと思われますが、彼女は明確な意図を持って西人派が送ってきたのかもしれません。
張禧嬪はせっかく王妃になったのですが、その途端に粛宗の気持ちは淑嬪・崔氏に移ってしまいました。
その末に、淑嬪・崔氏は1693年秋に男子を出産したのです。粛宗にしてみれば二男にあたるのですが、わずか2カ月ほどで夭逝してしまいました。(ページ2に続く)

トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決4〔弾劾編〕

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る