トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決1〔出会い編〕

張禧嬪をムチで叩いた王妃

粛宗には娘が何人もいましたが、息子はいませんでした。粛宗は大変焦りを感じていました。「朝鮮王朝実録」を読むと、「後継ぎがいないので夜も眠れないくらい心配だ」と粛宗が語る場面が出てきます。
粛宗の最初の正室は仁敬(インギョン)王后ですが、1680年に亡くなっています。その翌年、二番目の正室として王宮に入ったのが仁顕(イニョン)王后でした。
彼女は病弱だったこともあり、粛宗との間には子供ができませんでした。それで、なおさら粛宗の心配が募ったわけです。




当初、仁顕王后は張禧嬪について「主上(チュサン/王のこと)にあれだけ寵愛されている女性だから」と評して、とても贔屓目(ひいきめ)に見ていました。しかし、粛宗が完全に張禧嬪に惚れ込んで仁顕王后のもとに通わなくなってきてからは、かなり厳しい対応を取るようになりました。「朝鮮王朝実録」には、仁顕王后が張禧嬪のふくらはぎをムチで叩いたという記述もありました。それくらいに張禧嬪を警戒したのです。(ページ3に続く)

トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決2〔廃妃編〕

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る