『オクニョ』が描くのはどんな時代?

悪の連鎖

当時は、儒教理念に精通した清廉な官僚たちもいたのだが、尹元衡はあらゆる策略を用いてそういう官僚たちを追放した。そして、自分の意のままに政治を動かし、賄賂政治で私腹を肥やした。
その尹元衡の妾となっていたのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。彼女は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられるように、数々の悪行を重ねていった。ついには、尹元衡の妻を毒殺して自分が後妻になった。




さらに、鄭蘭貞は文定王后の手先として、宮中で自ら手を汚して政敵をつぶしていった。まさに、悪の連鎖である。
明宗は優しい心を持った人物だったのだが、なにしろ母親が実権を持っていたので、自分では思いどおりに政治を動かすことができなかった。その点では苦悩が多い王であったのだ。
以上のように、文定王后を中心にして私利私欲に執着する悪人たちが朝鮮王朝を牛耳っていたのが、『オクニョ 運命の女(ひと)』が描いている時代なのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る