『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典4「朝鮮王朝の垂簾聴政」

 

幼い国王が即位したとき、王族の最長老女性が摂政をすることを「垂簾聴政(すいれんちょうせい)」と呼んだ。歴史的には中国の皇室でよく行なわれたことだが、それは朝鮮王朝も同じだった。この場合、王族の最長老女性に該当するのは、幼い王の祖母か母であった。

F3YxJWwAm4K9xUZ1490072311_1490072354

王に成人に達するまでの代理

朝鮮王朝の国王は27人いたが、一番幼い年齢で即位したのは、24代王・憲宗(ホンジョン)の7歳、さらには、23代王の純祖(スンジョ)の10歳、13代王・明宗(ミョンジョン)の11歳などとなっている。




これだけ幼いと、政治ができるわけがない。しかし、国王であった父はすでに世を去っている(それゆえ、自分が幼い年齢で王を継いでいるのだが……)。
そこで出番がまわってきたのが王族の最長老女性だった。そして、王が成人に達して親政を行なうまで、代理で国の政治を仕切った。(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后!強い野心を秘めた王妃

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る