張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

人が良すぎる王妃

明聖王后は露骨に嫌な顔をした。
「あの女をまだ見たことがないからそう言うのでしょう。あの女は毒々しくて悪だくみをしそうですよ。主上(チュサン/王のこと)が最近感情の起伏が激しくなってきたけれど、もしあの女にそそのかされているのならば、国家にとってもわざわいです。内殿(ネジョン/王妃のこと)も私の言うことをよく考えてみてください」
ここまで言われても、仁顕王后はまだ張禧嬪(チャン・ヒビン)を弁護した。
「まだ起こってもいないことを今から心配しなくてもよろしいのでは……」




この言葉に明聖王后は驚いた。
<人がいいにもほどがある。彼女には嫉妬という感情がないのかしら>
そう思えてならなかった。
いくら仁顕王后が甘い顔をしても、明聖王后は張禧嬪を宮中に呼び戻すこには反対だった。
その明聖王后が長生きしていれば、張禧嬪が日の目を見る機会は二度となかったはずなのだが……。(ページ3に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

仁顕(イニョン)王后!一度は廃妃になった悲劇の王妃

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る