『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

太祖はもう1人いた

次に「祖」について。
これは国にとって最も功績があった王に贈られた。
たとえば、朝鮮王朝の初代王は太祖だか、この「太祖」という諡は、建国した王に贈られたものだ。それゆえ、高麗王朝を建国した王建(ワン・ゴン)も、同じように太祖と呼ばれている。




つまり、朝鮮半島の歴史には太祖が2人いるのだ。
さらに、14代王・宣祖(ソンジョ)と16代王・仁祖(インジョ)の場合は、他国の侵攻から国を守ったことで「祖」がつけられた。
ちなみに、仁祖は1636年に清の侵攻を受け、皇帝の前で土下座する屈辱的な降伏をしたのだが……。(ページ4に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典2「朝鮮王朝の身分制度」

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る