悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

浮かび上がった毒殺疑惑

1645年、ようやく昭顕世子は解放されて帰国した。
すぐに昭顕世子は父を訪ねた。しかし、久しぶりの再会にもかかわらず、仁祖はそっけない態度を見せるばかりだった。
それどころか、昭顕世子が清と西洋の文化のすばらしさを語り始めると、露骨に嫌な顔を浮かべ始めた。昭顕世子が帰国の際に持ち込んだ外国の機械や書籍を見せると、仁祖は手元にあった硯(すずり)を昭顕の顔に投げつけて、どなり散らした。
「世子という立場にありながら、憎き清の言いなりになるとは……。今すぐこの場から立ち去れ!」




父の剣幕に驚いた昭顕世子は、悲しみに暮れながら仁祖の前から立ち去った。この事件の2カ月後、昭顕世子は原因不明の死を遂げる。
彼の遺体は、黒ずんでひどく腫れあがっていた。まるで毒殺されたかのようだった。
不可解なことに、仁祖は昭顕の主治医を処罰しなかった。王族が命を落としたら、主治医が処分を受けるのは当然だったのに……。
さらに、仁祖は昭顕世子の葬儀を王位継承者とは思えないほど簡素に済ませた。
仁祖の対応によって、その後に「仁祖が昭顕世子を毒殺したのでは?」という疑いが強く残った。疑惑は、仁祖が昭顕の残された家族までも自決や流罪に追い込んだことで、一層深まっていった。

文=慎虎俊(シン・ホジュン)

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。[各ジャンルの紹介] ●日本と韓国の歴史(歴史探訪/韓国の歴史/日韓交流史) ●時代劇の主人公 ●奇皇后 ●オクニョ(登場人物/豆事典/歴史解説/ドラマ解説) ●華政/イニョプの道(華政・韓国時代劇/イニョプの道) ●朝鮮王朝人物列伝 ●国王列伝・事件簿(おどろき国王列伝/事件簿) ●歴史事典・編集部(歴史事典/編集部)
ページ上部へ戻る