尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

ひどい賄賂政治の張本人

事件の発端は、都の南にあった良才駅で政権批判の張り紙(壁書)が発見されたことだった。そこには、「上では女王が、下では奸臣が権力を占めているから国が滅びてしまう」ということが書かれてあった。
尹元衡は政敵の仕業であると捏造し、「女王」と名指しされた文定王后の指示をあおぎながら、この張り紙を大問題に仕立てあげた。
その結果、尹元衡の政敵はことごとく排除されてしまった。
こうなると、尹元衡の横暴ぶりも限界がなくなる。姉の文定王后が「陰の女帝」として君臨していることを利用して、尹元衡はあまりにひどい賄賂政治を続けた。




さらには、鄭蘭貞と共謀して妻を毒殺し、新たに鄭蘭貞を正妻に迎えた。
ただし、尹元衡が権力をつかんだと言っても、それは姉の威光があったからだ。姉の文定王后が1565年に世を去ると、一気に尹元衡は奈落に落ちた。今までの悪行が次々に暴露されたのだ。
処刑されるのを恐れて、尹元衡と鄭蘭貞は逃亡した。地方で息をひそめて暮らしたが、最後は2人とも自決している。あまりに多くの恨みを買いすぎていて、結局は自ら命を絶たざるをえなくなったのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る