貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(前編)

異国の文化にかぶれた昭顕

1641年11月7日、趙氏の立場がさらに強くなる出来事が起きた。彼女は2人目の王子となる楽善君(ナクソングン)を産んだのである。しかし、正室の荘烈王后はいっこうに仁祖の息子を産む気配がなかった。
仁祖は変わらず趙氏を愛していた。その立場を利用して、彼女は王が昭顕と姜氏の行状に疑いを持つように報告した。その中には、昭顕のことを高く評価した清が、朝鮮王朝の王を替えようとしている内容もあった。




1645年2月、昭顕が清での人質生活を終えて8年ぶりに帰ってきた。昭顕は、父親の仁祖が自分のことを疑っているとは知らず、目の前で清のすばらしさを語り、清の文化を朝鮮王朝にも取り入れたいと報告した。それを聞いた仁祖は激怒して、昭顕に向かって硯(すずり)を投げて部屋から追い出した。8年ぶりの親子対面の結果は最悪なものとなった。
仁祖は、昭顕が帰国したのと同時に体調を崩してしまう。その治療を行なったのは、趙氏の実家に出入りしていた医官の李馨益(イ・ヒョンイク)だった。
食欲の減退と不眠に悩まされている仁祖。その症状が6年前と似ていることから、李馨益と趙氏は「誰かが殿下に呪詛をかけているのでは」と疑った。

文=康 大地(コウ ダイチ)
提供=「ロコレ」

貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(後編)

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る