貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(前編)

側室となった趙氏

仁祖から愛された趙氏は側室となり、娘の孝明(ヒョミョン)を産んだ。仁祖は、初めての娘である孝明をとても可愛がった。なぜなら、彼と仁烈王后の間に生まれた子供はすべて息子だったからだ。
朝鮮王朝では、王は王妃に先立たれてしまった場合、可能な限り早く再婚することが義務付けられていた。仁祖の最初の正室である仁烈王后はすでに世を去っている。そのため、仁祖は新しい正室を迎えなければならない。しかし、趙氏を寵愛していた仁祖は再婚する気配を見せなかったが、高官たちから早く新しい正室を迎えるように何度も催促されて、仕方なく結婚することを受け入れた。




それを聞いた高官たちは、全土に禁婚令(王の結婚が決まるまで10代後半の女性の結婚を禁止すること)を出した。
そうなると両班(ヤンバン)の家では、10代後半の未婚女性の名簿を出す義務がある。しかし、仁祖にはすでに3人の息子がいて趙氏だけを愛しているという理由から、どの家も名簿を出そうとしなかった。
その状況にあせった高官たちは、候補者の対象年齢を13歳に下げた。その結果、1638年10月に新たな正室として迎えられたのが、当時14歳だった荘烈(チャンニョル)王后だ。それでも仁祖は趙氏を寵愛し続けたため、荘烈王后は王の愛を受けることができなかった。(ページ3に続く)

貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(後編)

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る