鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

王妃の手先となった

とにかく、鄭蘭貞は文定王后の懐(ふところ)に入りたかった。
そこで、鄭蘭貞は文定王后が嫌悪していた敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏を陰謀で没落させようとした。当時、敬嬪・朴氏は中宗にもっとも気に入られていた側室だったのだが……。
1527年に起きたのが「灼鼠(しゃくそ)の変」である。これは、世子(セジャ/王の正式な後継者)が住む東宮の庭で、火であぶられたネズミの死体が木にくくられていた事件だった。




世子は子(ね)年の生まれである。
不可解な出来事は世子の将来を不吉に見せる仕業と思われた。
このとき、犯人として疑われたのが敬嬪・朴氏だった。すべて鄭蘭貞の陰謀だった。彼女が敬嬪・朴氏を陥れたのだ。
鄭蘭貞は、文定王后の敵をつぶすためなら、どんなことでも率先して行なった。(ページ3に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

ページ:
1

2

3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る