鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

王妃の手先となった

とにかく、鄭蘭貞は文定王后の懐(ふところ)に入りたかった。
そこで、鄭蘭貞は文定王后が嫌悪していた敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏を陰謀で没落させようとした。当時、敬嬪・朴氏は中宗にもっとも気に入られていた側室だったのだが……。
1527年に起きたのが「灼鼠(しゃくそ)の変」である。これは、世子(セジャ/王の正式な後継者)が住む東宮の庭で、火であぶられたネズミの死体が木にくくられていた事件だった。




世子は子(ね)年の生まれである。
不可解な出来事は世子の将来を不吉に見せる仕業と思われた。
このとき、犯人として疑われたのが敬嬪・朴氏だった。すべて鄭蘭貞の陰謀だった。彼女が敬嬪・朴氏を陥れたのだ。
鄭蘭貞は、文定王后の敵をつぶすためなら、どんなことでも率先して行なった。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

性悪の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝悪女列伝4

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る