綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

果たして毒殺だったのか

1645年4月23日、昭顕は高熱を発して重病になった。
すぐに治療が行なわれたが、その甲斐もなく、昭顕は4月26日に世を去った。
最愛の長男の急死に慟哭(どうこく)する仁祖……それが普通の姿だが、このときの仁祖は違った。
昭顕の葬儀を信じられないくらいに簡単に済ませてしまったのだ。
王の正式な後継者である世子が亡くなったのである。本来なら国王に次ぐ格式で葬儀が行なわれなければならないのだが、仁祖は葬儀の格を徹底的に下げてしまった。
それだけではない。
朝鮮王朝の正統的な王位継承権は世子の息子たちに引き継がれていくはずなのに、仁祖は原則を無視して、自分の二男の鳳林を世子に指名しようとした。
高官たちが猛反対した。
「王朝の正統性を覆しては絶対になりませぬ」




そういう意見が相次いだ。
しかし、仁祖は強硬だった。
強引に鳳林を世子にしてしまった。
仁祖が王朝の原則を無視した背景には何があるのか。
実は、仁祖が昭顕を毒殺したという疑いが出ていた。
朝鮮王朝の正式な歴史書である『朝鮮王朝実録』には、「亡くなったときの昭顕の遺体は、まるで毒殺されたかのように黒ずんでいた」という記述がある。これは一体、何を意味しているのか。

(後編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供=「ロコレ」

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔後編〕

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る