綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔後編〕

外交に大失敗

歴史上で、仁祖はどのように評されているか。
1623年にクーデターで王位に上がるまでの綾陽君(ヌンヤングン)時代の仁祖は、統率力もあり優秀な人物だった。
そのときまでの彼は相応に評価も高い。
しかし、王位に上がったあとの仁祖は、凡庸のそしりをまぬがれない。外交に大失敗して清に攻められたのは、その典型である。




また、寵愛する側室の趙氏に振り回されて、息子の昭顕の毒殺に関与した疑いを持たれている。
さらには、アワビ毒物事件を捏造して昭顕の妻であった姜(カン)氏を死罪にしてしまった。
人間的にも王にふさわしくない男と言わざるをえない。
仁祖の王族としての役目は、光海君を王宮から追放した時点で終わっていたのかもしれない。

(終わり)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供=「ロコレ」

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る