綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔後編〕

 

1645年4月、仁祖の長男の昭顕(ソヒョン)は長い人質生活から解放されて8年ぶりに母国に帰ってきたのに、わずか2カ月で急死してしまった。その遺体は毒殺されたかのように黒ずんでいたという。

1U4viRTGhZlQAth1488432234_1488432252

策士のように動いた悪女

昭顕の妻であった姜(カン)氏が一番に疑ったのが、医官の李馨益(イ・ヒョンイク)だった。
李馨益は、急病に陥った昭顕に鍼治療を行なった人物だ。しかし、彼は仁祖の側室であった趙(チョ)氏と親しい間柄だった。
なにしろ、李馨益は趙氏の実家にひんぱんに出入りしていた。当然ながら、趙氏の意向に沿った動きができる医官であった。
趙氏といえば、単に仁祖の側室であるだけではなかった。むしろ、仁祖の背後で策士のように動いた悪女であったのだ。
姜氏が疑いを持つのも当然だった。




趙氏は昭顕夫婦と仲が悪かった。
清にかぶれてしまった昭顕に対して、仁祖が強い猜疑心を抱いたことを趙氏はよく知っていた。
そんな趙氏が李馨益に毒鍼を打たせた可能性は、かなり高かった。
あるいは、仁祖自身が命令して趙氏が裏で動いたのかもしれなかった。
いずれにしても、王宮の中で「李馨益が鍼に毒を塗って昭顕を殺した」という噂が広まった。
すかさず動いたのが、官僚の不正を糾弾する役所の司憲府(サホンブ)だった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る