光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

仁祖の個人的な理由

光海君が骨肉の争いを起こしたとはいえ、外交や減税などで政治的な成果をあげ、統治者としては及第点だった。
そんな王をクーデターで廃位にしてしまうのは、果たして大義名分があるといえるだろうか。
なにしろ、仁祖がクーデターを起こしたのは、弟を光海君の一派に殺されているという私憤と、自分が王になりたいという野望のためだった。




つまり、仁祖はごく個人的な理由のために乱を起こしたのだ。しかし、それではたとえ光海君を廃位に追い込んだとしても、自分が正当に王に即位できない。
そこで、仁祖が頼ったのが仁穆王后だった。彼女に「光海君を討て」という命令を出してもらい、さらに自分の即位を認めてもらう必要があった。
そのため、仁祖は腰を低くして仁穆王后の裁可を仰いだ。(ページ4に続く)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る