敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

敬恵王女の願い

一方で貞熹王后に預けられた敬恵王女の息子はどうなったのだろうか。
貞熹王后は、この息子に女の子の恰好をさせて育てていたが、いつまでも隠し通せるとは思っていなかった。ついに世祖に存在を知られてしまい、彼女はこれまでのことをすべて話した。
それを聞いた世祖は、怒るどころかその息子をとても可愛がり、眉寿(ミス)という名前まで付けた。さらに、彼は奴婢である敬恵王女の身分を回復させて立派な屋敷まで用意した。しかし、敬恵王女はすべて断って尼となるが、それから4年後に還俗(げんぞく/僧侶となった者が、僧侶であることを捨てて俗人に戻ること)した。
彼女がずっと願っていたのは、子供たちが連座制の罪から解放されることだった。まだ子供たちには、極刑となった鄭悰の罪が及んでいたのだ。




世祖はその願いを聞き入れた。その知らせを受けた敬恵王女は涙を流して喜んだが、それもつかの間の喜びだった。
1468年に世祖が世を去ったことで、敬恵王女の子供を処罰せよという声が高官たちから上がった。しかし、世祖の後を継いで王となった8代王・睿宗(イェジョン)はそれを絶対に許さなかった。だが、睿宗は即位からわずか1年で世を去ってしまう。
当時は、「大逆罪に問われた者の息子は15歳のときに処刑される」という法があった。敬恵王女の息子がまさに15歳になろうとしていて、高官たちは再び息子を処刑しろと声を上げたが、睿宗の後を継いだ9代王・成宗(ソンジョン)も、彼の代理で政治を行なっていた貞熹王后もそれを認めなかった。
その後、敬恵王女は息子の眉寿が立派な役職を与えられたのを見届けて、38歳で世を去った。後に眉寿は官僚として大いに出世して、妹も良家に嫁いだ。敬恵王女の子供たちはしっかりと幸せな人生を歩んだのである。

文=康 大地(コウ ダイチ)
提供=「ロコレ」

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る