鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!低い身分から成り上がった悪女

後ろ盾を失った鄭蘭貞の最期

1544年、中宗が56歳で世を去ったため、二番目の王妃である章敬王后の息子が12代王・仁宗(インジョン)として即位した。しかし、仁宗は、王になってから1年も経たずに亡くなってしまう。彼には後継ぎとなる息子がいなかったので、文定王后の息子が13代王・明宗となった。
明宗はまだ11歳と幼いため、文定王后が代わりに政治を仕切る垂簾聴政を行ない、自分の一族や部下たちに高い官職を与える。弟の尹元衡もその恩恵を受けて、強い権力を手に入れた。すると、彼は鄭蘭貞を妻として迎えるために、自分の妻を殺害した(一説では、鄭蘭貞が追い出したとも言われている)。しかし、賤民出身の彼女が高官の妻になるのは、本来なら認められない行為だった。
そこで、尹元衡は姉の文定王后の力を借りて、朝鮮王朝時代の厳しい身分制度を覆した。こうして、鄭蘭貞は尹元衡の正妻となり、賤民出身でありながら王宮への出入りが自由にできるようになった。




ついに最下層の身分から高い地位にまで上りつめた彼女は、文定王后と尹元衡という強力な権威をつかって、王宮の経済を牛耳るなどやりたい放題に振る舞った。
絶大な力を手に入れた鄭蘭貞に取り入ろうとする奸臣は多かった。彼らは、どうにか尹元衡と鄭蘭貞の子供と結婚して、親族になろうと惜しむことなく賄賂を贈った。
しかし、その栄華は長くは続かなかった。
1565年、文定王后が世を去ってしまう。後ろ盾を失った尹元衡はすぐに失脚。鄭蘭貞ともども都を追放された。頂上からの転落に耐えられなかった鄭蘭貞は自らの命を絶ち、尹元衡もその後を追った。
「朝鮮王朝3大悪女」の最期は、とても悲しいものだったのだ……。

文=康 大地【コウ ダイチ】
提供=「ロコレ」

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る