チャングム!ドラマで有名になった医女

C1-4

チャングムはどのような人物?

「朝鮮王朝実録」に書かれているチャングムに関する記述は10カ所ほどあるが、その中に、彼女の人物像を想像させるようなものはない。つまり、チャングムがどのような容姿で、どんな性格だったのかわからないのだ。




これを逆手に取ったのが、韓国時代劇の巨匠イ・ビョンフン監督だ。彼はドラマを制作する過程で、チャングムを自由に扱うことができた。こうして誕生したのが、物語前半部にある水刺間(スラッカン)で働く料理人のチャングムだ。つまり、彼女が医女になる前は料理人だったという設定は完全なフィクションなのだ。

※『宮廷女官 チャングムの誓い』
2003~2004年MBC/イ・ヨンエ、チ・ジニ、ヤン・ミギョンほか
DVD-BOXⅠ~Ⅵ 発売中
各14,400円+税
発行:NHKエンタープライズ
販売元:バップ
(C) 2003-4 MBC

[見どころ]
朝鮮王朝時代に実在した医女チャングムの生涯を波乱万丈に描いた長編時代劇。どんな困難を前にしても、ひたむきに努力して乗り越える主人公チャングムのけなげな姿は多くの視聴者の涙を誘った。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る