李舜臣(イ・スンシン)!韓国最高の英雄

豊臣軍の朝鮮出兵

司令官となった李舜臣は、最初に亀甲船の製作に取り掛かった。亀甲船とは、文字通り亀の甲羅に似た船で、船の上を鉄板で覆っている。敵の乗船を防ぐだけでなく、前後左右にある大砲を最大限に生かすことのできるものだった。
1592年、日本から豊臣軍が朝鮮に向けて攻めてきた。朝鮮王朝は、建国してから200年間は他国から攻められることもなく、防御の面がおろそかになっていた。そのため、朝鮮王朝側は地上で敗戦が続いていたが、李舜臣が率いていた水軍は亀甲船の活躍により、豊臣軍の補給を断つという功績をあげた。その功績が認められて、李舜臣は水軍の総司令官に任命された。




しかし、朝鮮王朝が滅亡するかもしれないという危機的状況の中でも、高官たちの内紛は続いていた。その影響で、李舜臣は「日本と内通している」というあらぬ疑いをかけられて投獄されてしまった。彼の母親は、獄中の息子に会うために出かけるが途中で亡くなってしまう。その知らせを聞いた李舜臣は、自らの親不孝を詫びて泣き崩れた。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る