日本の古戦場〔第1回/姉川〕

_MG_4042

本丸跡はまさしく「兵(つわもの)どもの夢の跡」

_MG_4045

本丸跡から近江の風景を眺める

落城した小谷城

信長は一乗谷を燃やし尽くし、朝倉氏は完全に滅んだ。
越前を押さえた信長は、8月26日に近江に入った。
そして、浅井氏の居城の小谷城を包囲した。
「もはや、これまで……」
落城が避けられないと悟った浅井久政と長政の父子。
それぞれに自害して果てた。
哀れだったのは、長政の長男だった10歳の万福丸。ひそかに小谷城を脱出したのだが、捕らえられて関ヶ原で磔(はりつけ)になった。
ただし、長政は自害する前に、妻で信長の妹だったお市の方と3人の娘を城から出している。
こうして4人は死を免れた。
その3人の娘の1人が豊臣秀頼を産んだ淀君である。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る