なるほど韓国38「取り皿をあまり使わないのが韓国スタイル!」

 

日本では数人で食事をするときに自分用の取り皿を使うのが普通だが、韓国では取り皿を使わないことがよくある。それは、鍋物を食べるときも同じだ。それでは、取り皿がなくてどうするのか?




箸やスプーンを直接鍋の中に!

韓国ドラマを注意深く見ていると、みんなで熱い鍋物を食べているとき、取り皿を使わず直接箸やスプーンを鍋の中に入れていたりする。
日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないの?」と思ってしまうが……まさに、その通りなのである。
実際に鍋物を仲間と食べる時、自分の箸やスプーンを直接鍋の中に入れて口に運ぶのが一般的だ。
日本から見れば、「ちょっと不衛生では?」と思ってしまう。
しかし、韓国ではそれが当たり前。
その結果、どうなるか。
韓国ではご飯をスプーンで食べるが、スプーンにくっついたご飯粒が鍋物の中で分離して浮かんだりすることがよくある。
でも、みんな気にしない。




それが韓国スタイルだから……。
結局、韓国で食事するときに取り皿を使わないのは、「ウリ(私たち)意識」という連帯感が影響している。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国36「韓国のカラオケではアルコールが禁止?」

なるほど韓国37「韓国を象徴する色といえば『赤』?」

なるほど韓国39「韓国では本当に出前が便利だ!」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る