なるほど韓国21「お客様は神様ではありません」

飛行機の中で言われた一言

言葉使いはていねいだが、目がまったく笑っていない。「お客様は神様です」と思っていないどころか、「このお客は何者?」という表情が垣間見えてしまう。一応、表面的には丁寧なのだが、心がまったく伴っていないのである。
しかし、彼女たちに責任があるとは思えない。韓国の女性はもともと接客に不向きなのである。たとえ仕事とはいえ、見ず知らずの人に底抜けの笑顔で対応することに慣れていない。これはもう国民性としか言いようがないのだ。
1392年から1910年まで続いた朝鮮王朝時代は、儒教の価値観が強く浸透していて、男尊女卑が徹底されていた。この当時、女性は低い身分に置かれながら必死に生きてきた。愛想よくなどしていられなかったのだ。その風潮が今も残っているのではないかと思えるのだが……。
さらに、接客がいい場所としてパッと思い浮かぶのは、デパートの他には飛行機の中である。特に、キャビンアテンダントは接客のプロと言われている。
ただし、韓国の場合は見事なくらいに先入観を覆してくれる。




韓国の飛行機に乗ったときのことである。缶ビールのお代わりを注文したら、きつい調子で言われてしまった。
「3つ目ですよ。これで終わりです」
さすがに私も3つ目で終わりにしようと思っていた。しかし、あからさまに言われてしまうと、立つ瀬がない。酔いがいっぺんにさめてしまった。
(ページ3に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国19「歴史から学ぶ教訓」

なるほど韓国20「酒の飲み方」

なるほど韓国22「ぼられる楽しみ」

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る