朝鮮王朝の国王たちはこんな人だった!

王宮を追放されたのは2人

さらに、王位継承問題を複雑にさせていたのが、朝鮮王朝の病巣とも呼ばれた「党争」である。
これは熾烈な派閥闘争のことだ。官僚たちは儒教的な価値観の解釈によって分裂や集合を繰り返しながら、敵対派閥をつぶすことに血眼になった。その弊害が王位継承問題にも及んだのである。
朝鮮王朝には、クーデターで王宮を追われた王が2人いる。10代王の燕山君(ヨンサングン)と15代王の光海君(クァンヘグン)だ。
燕山君は最悪の暴君として悪政の限りを尽くした。彼が廃位となったのも自業自得であった。
その一方で、光海君は激しい党争の末に王宮を追放されている。彼は一時は暴君と称されたが、歴史研究が進むにつれて、庶民への減税と巧みな外交で朝鮮王朝の窮地を救っていたことが明らかになっている。
光海君は、暴君というより名君と言われても不思議がないほどだ。




光海君を追放した派閥が歴史書などで彼を辛辣に中傷したために暴君と見なされたままだったのである。ただし、光海君も王位を継承する過程で兄弟を殺すという事件を起こしている。
そういう点では評判が良くないのだが、こと政治家としての力量を見ると、成し遂げた業績が多いと言える。
(ページ3に続く)

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る