千秋太后(チョンチュテフ)とは誰なのか/高麗王朝人物列伝3

 

千秋太后(チョンチュテフ/964~1029年)は、高麗王朝の初代王・王建(ワン・ゴン)の孫である。彼女が生まれたとき、すでに王建は世を去っていた。しかし、彼の血筋は巨木の根のように時を越えて広がっていた。




重婚に励んだ男

千秋太后は5代王・景宗(キョンジョン)の妃であると同時に、6代王・成宗(ソンジョン)の妹であり、7代王・穆宗(モクチョン)の母であり、8代王・顕宗(ヒョンジョン)のおばである。歴代の王とはことごとく血がつながっているのだ。
なぜ、こういうことになったのだろうか。
高麗王朝の始祖となった王建に29人の夫人がいたからだ。子供の数も30人を越えていた。朝鮮半島の歴史上で、王建ほど重婚に励んだ男はいない。
それほど結婚を繰り返した理由は何か。それは、地方に割拠する豪族たちを懐柔するためだった。
王建は高麗王朝を建国したものの、後三国時代の混乱を収拾するためには地方の豪族を束ねる必要があった。そこで彼は結婚を通して各地の豪族と縁戚関係を結び、それによって自分の勢力を増やしていったのである。




特に、高麗王朝が朝鮮半島を統一するうえで大きく寄与したのが、強大な軍事力を持っていた皇甫(ファンボ)氏であり、この一族との婚姻によって生まれたのが千秋太后だった。彼女は父方にも母方にも王建の血があった。
儒教社会となった朝鮮王朝以降では考えられないことだが、高麗王朝の初期には近親による結婚もよくあることだった。
(ページ2に続く)

簡潔に読む!韓国の歴史〔高麗王朝の歴史(前編)〕

簡潔に読む!韓国の歴史〔高麗王朝の歴史(後編)〕

太祖(テジョ)と呼ばれた王建(ワン・ゴン)/高麗王朝人物列伝1

光宗(クァンジョン)とは誰なのか/高麗王朝人物列伝2

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る