イ・バンウォン/李芳遠は継母の神徳(シンドク)王后を一番憎んだ!

250年の歳月

神徳王后の墓は、王妃として最高の格式で都の中心部に造られていた。
そのことに腹をたてていた李芳遠は、1409年以降に神徳王后の墓を次々に移して格下げにした。
「あまりにやりすぎでは……」
側近たちは諌(いさ)めた。




しかし、李芳遠は耳を貸さなかった。
ついには、神徳王后の王妃としての祭祀まで廃止させた。
それでも、腹の虫がおさまらなかった。
執念深かった李芳遠は、最後には神徳王后の墓を徹底的に破壊した。そこまで憎んでいたのだ。
以後、神徳王后の墓はみすぼらしく放置された。
彼女が名誉を回復して王妃として再び祀られるようになったのは、ようやく250年ほど経った後だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・バンウォン/李芳遠はどんな人物だったのか?

イ・ソンゲ/李成桂は、どんな人物だったのか?

チョン・ドジョン/鄭道伝はどんな人物だったのか

芳遠(バンウォン)が3代王の太宗(テジョン)となる!朝鮮王朝全史2

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る