『イ・サン』が描いた正祖(チョンジョ)と洪国栄(ホン・グギョン)の関係は真実?

 

ドラマ『イ・サン』では正祖(チョンジョ)の名君ぶりがたっぷりと描かれたが、その正祖を補佐して活躍したのが洪国栄(ホン・グギョン)だった。しかし、2人は最後に悲劇的な結末を迎えてしまうのだが……。

ハン・サンジンが洪国栄を演じた

ハン・サンジンが洪国栄を演じた

王に次ぐ最高実力者

1776年に即位して政治改革に邁進した正祖。その彼をしっかり補佐して成果をあげたのが側近の洪国栄だった。
彼は有能で、国政の補佐役にピッタリだった。そのことを正祖はよく知っていたので、何か新しいことを始める度に洪国栄に担当させた。そうした期待に洪国栄もよく応え、正祖の信頼はますます強まった。




結果的に、洪国栄は政策の立案・実行から軍部の指揮まで様々な部署の責任者を歴任していった。
やがて洪国栄は、実質的に“王に次ぐ最高実力者”の地位に上がった。どんな上奏も洪国栄を通さないと正祖のもとに届かない状況となった。
「洪国栄を怒らせたら生きていけない」
ずっと年上の高官ですら、洪国栄を畏怖するようになった。(ページ2に続く)

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サンは本当に毒殺されたのか

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る