王の毒殺に関わった文定(ムンジョン)王后/悪女たちの朝鮮王朝4

騒動を起こした理由は?

6月25日に仁宗の病状が悪化した。それなのに、文定王后が高官たちに声をかけてきた。
「殿下の病状がとても重いようです。女官たちの泣き叫ぶ声が外まで聞こえます」
言い方がなんとも他人行儀だった。仮にも母である。王の病状が深刻なだけに、取り乱しても不思議はないのだが……。
それなのに、文定王后はむしろこんな意向を示した。
「私が宮殿を出て懿恵(ウィギョン)王女の家に留まりながら、殿下の見舞いにも行きましょう」
それは突拍子もない言葉だった。




懿恵王女は文定王后の娘だが、すでに他家に嫁いでいる。しかも、大妃(王の母)が王宮の外に出るというのは慣例にないことだった。
なぜ、文定王后は騒動を起こそうとしたのか。
目的は2つあると思われる。
まずは、高官たちを大いに混乱させることだ。現に、文定王后の外出の件をめぐっては、高官たちが何度も集まって対応を協議している。仁宗の病状が危険なときに、高官たちは文定王后によってさらに混乱させられたのだ。
もう1つは、仁宗の危篤を王宮の外に広く知らせること。実際、王女の屋敷は人の出入りが多い場所にあった。
そこに文定王后が行けば、人々がいろいろなことを噂して、結果的に仁宗の病状がもれる可能性が高かった。
そうなれば、仁宗の王権が揺らぐことにつながりかねない。それが文定王后の狙いでもあった。(ページ3に続く)

悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

仁宗(インジョン)!毒殺された可能性のある王

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る