大祚榮(テジョヨン)/三国高麗国王列伝6

高句麗の誇りを受け継いだ国

渤海は、高句麗の遺民たちが中心となり、「高句麗の誇り」を受け継いだ国だったが、大祚榮は、満州地方の異民族たちも国民として受け入れていた。一般的には、高句麗の遺民たちが河川上流の支配層となり、異民族たちが下級層としての生活を与えられたとされている。
また、異民族たちとの連携により、唐の妨害を受けず、独立した国家運営が可能だった。難攻不落の渤海に対し、唐は国家としての自立を認め、固有の年号の使用まで許した。




大祚榮の息子である2代王・武王(ムワン)は、即位すると同時に、渤海の軍事力の強化に注力した。武力を背景にした強引な対外政策を行ないながら、国土を広げていった。
こうして、渤海の王たちは、強大な国家を築くことに成功し、10代王・宣王(ソンワン)の統治時代には、領土も内政も充実して「海東の盛国」と呼ばれるまでに成長した。

広開土大王(クァンゲトデワン)/三国高麗国王列伝1

金首露(キム・スロ)/三国高麗国王列伝2

近肖古王(クンチョゴワン)/三国高麗国王列伝3

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る