大祚榮(テジョヨン)/三国高麗国王列伝6

第6回 渤海を建国した英雄

668年、高句麗が滅びた後、高句麗の遺民たちは各地に散らばっていった。新羅に帰化する者や、唐に連行される者、異民族の群れに身を寄せる者など様々だった。しかし、中には高句麗を再興させようと、最後まで戦い抜く者たちもいた。高句麗の武将だった大祚榮(テジョヨン)もその1人。大祚榮はいったいどんな王だったのでしょうか。

200802281537471001_1

唐に対する大祚榮の攻勢

高句麗の遺民たちは、大祚榮の下に次第に集まり始め、反乱の機会を待ち続けた。
696年に契丹族が唐に反旗を翻し、反乱を起こした。唐は、この反乱を鎮圧するのに1年もかかってしまった。
大祚榮はその隙を見逃さなかった。彼は他の異民族と手を結び、高句麗の遺民たちを団結させ、唐に大々的な攻勢に出るのだった。




唐は大祚榮の率いる軍に反撃するが、大祚榮は唐軍を何度も撃破し、唐の勢力圏を突破することに成功。南満州に属する東牟山(トンモサン)に城を築き、新国家・震(チン)を建国した。
強大な戦力を持った震を見た唐は、大祚榮を渤海(パレ)郡の王として認めた。これを受け、大祚榮は国号を渤海と改めた。(ページ2に続く)

広開土大王(クァンゲトデワン)/三国高麗国王列伝1

金首露(キム・スロ)/三国高麗国王列伝2

近肖古王(クンチョゴワン)/三国高麗国王列伝3

ページ:

1

2

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る