武烈王(ムヨルワン)/三国高麗国王列伝5

三国を統一した新羅

交渉後、金春秋が新羅に戻ると、28代王・真徳女王(チンドクヨワン)が亡くなっていた。当時の新羅では、王位継承者は父母ともに王族である「聖骨(ソンゴル)」という階級から選出されることになっていたが、真徳女王が子を産まずに亡くなったため、両親のどちらかが王族である「真骨(チンゴル)」の金春秋が29代王・武烈王(ムヨルワン)として即位した。




唐王と連携した武烈王は、「先百済・後高句麗」という攻撃指針を打ち出し、先に百済を攻撃して、次に高句麗に侵攻することにした。大国・唐と連携した新羅は、百済に攻撃をしかけ、660年に滅亡させた。娘夫婦の死から18年にして、武烈王の悲願は達成されたのだった。
翌年、武烈王は高句麗遠征の途中に病死する。30代王・文武王(ムンムワン)は、武烈王の遺志を継ぎ、見事に三国統一を果たした。

善徳(ソンドク)女王/三国高麗国王列伝4

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る