武烈王(ムヨルワン)/三国高麗国王列伝5

第5回 朝鮮半島統一への礎を築いた偉大な王

新羅(シルラ)の名君というと、中央集権体制を確立した26代王・真平王(チンピョンワン)の名が挙げられることが多い。しかし、真平王に勝るとも劣らない功績を挙げたのが、29代王の武烈王(ムヨルワン)だ。彼は、いったいどんな王だったのでしょうか。

ZL3E4184

中国・唐との同盟

王系をたどると、真平王の娘が27代王・善徳(ソンドク)女王で、その善徳女王の妹の息子が武烈王(金春秋=キム・チュンチュ)という関係になる。
金春秋は、まず外交官として功績を残そうとする。その理由は、新羅が百済(ペクチェ)の侵攻を受けた際、娘夫婦が捕虜となり、残酷に殺されたからだった。ショックを受けた金春秋は、自身の力で百済を滅亡させることを誓った。
金春秋が最初に行なったのは、高句麗と同盟を結ぶことだった。当時の高句麗は、大将軍・淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)の下で一致団結していた。淵蓋蘇文も百済を滅ぼすことに積極的だったため、交渉は成功するかに見えた。しかし、淵蓋蘇文は、その条件として新羅の領土の一部を差しだすことを求めた。結局、高句麗との同盟は諦めざるを得なかった。




金春秋は休むことなく、今度は日本へと旅立つが、日本は百済と親密な関係であったため、この交渉も失敗に終わった。しかし、彼は諦めない。今度は中国・唐に向かったのだ。
金春秋は、“弱い新羅は百済と高句麗の脅威に怯えている”という名目で、唐と交渉を始めた。高句麗征伐を夢見ていた唐は、金春秋の要望を受け入れ、こうして「羅唐(ナダン)連合軍」の結成に、見事成功するのだ。
この交渉で、金春秋の外交手腕は高く評価された。(ページ2に続く)

善徳(ソンドク)女王/三国高麗国王列伝4

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る