悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

 

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻だった文定(ムンジョン)王后の側近だ。王宮内で暗躍した手先であり、ドラマ『女人天下』の主人公のモデルになっている。

シュ 04 11

野望をかなえるために

鄭蘭貞の生い立ちを見ると、母が奴婢で本人も同じ身分を強要された。
彼女は、同じ奴婢ならば妓生(キーセン)になって、少しでも貧しい暮らしから抜け出す方法を探ろうとした。
鄭蘭貞は両班(ヤンバン)たちの宴席に出かけながら、いつも自分を引き立ててくれそうな男を探していた。目を付けたのが尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。




彼の姉は文定王后である。その引き立てもあって、尹元衡は出世街道をひた走っていた。鄭蘭貞は尹元衡に接近し、まんまと妾になった。
そうなると、次にやることは決まっている。文定王后に近づいたのだ。妓生の身であれば、王妃のそばに寄れないのだが、尹元衡に何度も懇願して、どうにか文定王后へのお目通りを許された。(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)に愛された張禧嬪(チャン・ヒビン)/悪女たちの朝鮮王朝2

仁粋(インス)大妃の脅迫!朝鮮王朝の重大な事件簿3

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

明聖(ミョンソン)王后の溺愛!朝鮮王朝の重大な事件簿12

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る