光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

クーデター勃発

永昌大君の母親である仁穆王后は、愛する我が子を殺されただけでなく、自らも王の母を意味する大妃(テビ)という身分を奪われて、慶運宮(キョンウングン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されてしまう。朝鮮王朝は、儒教を国教にしていたので、その光海君の行為は決して許されることではなかった。
さらに、仁穆王后の父親は死罪となり、母親は最下層の身分である奴婢(ヌヒ)にされてしまう。その他にも、王権を安定させることを口実に多くの高官が処罰されたため、光海君は大きな恨みを買ってしまい、王宮の周りは怨みの声で満ちていた。
光海君に怨みを持つ人たちは、クーデターを起こすことを決めた。そのクーデターの中心人物となったのが、光海君の甥に当たる綾陽君(ヌンヤングン)である。




綾陽君には、綾昌君(ヌンチャングン)という兄がいた。宣祖の五男である定遠君(チョンウォングン)、その息子である綾昌君はかなり聡明だった。しかし、王宮から「優秀な青年が王だったらよかったのに」という声が聞こえると、光海君と側近たちは綾昌君の言動を警戒し、最終的には謀叛(むほん)の罪を着せて殺害した。
そのことで私憤にかられた綾陽君は、光海君に怨みを持つ同志を集め、1623年にクーデターを起こした。王宮に入り込んだクーデター軍は重要な拠点を次々と占拠していった。本来なら王を守るために戦う王宮の兵士たちだが、クーデター軍に反撃の刃は向けなかった。王である光海君は、無駄な抵抗をしないで王宮から抜け出すが、後に捕らえられてしまう。(ページ4に続く)

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る