仁粋(インス)大妃の脅迫!朝鮮王朝の重大な事件簿3

姑の陰謀で死罪に!

反省して謹慎生活を送る尹氏の姿を見届けた使者は、そのとおりに報告しようとしたのだが、成宗のところに行く途中で女官につかまり、仁粋大妃の前に引っ張りだされた。
仁粋大妃は強い口調で言った。
「『あの女が反省もなく高慢な暮らしをしている』と殿下に伝えよ。さもなくば……」
そんなふうに脅かされた使者は、仁粋大妃の言うとおりに成宗に報告した。
激怒した成宗は尹氏に死罪を申し渡した。それは仁粋大妃の狙いどおりだったが、尹氏にはあまりに過酷な運命となった。
このとき、成宗と尹氏との間には6歳になる息子がいた。




成宗にとっては長男である。
死罪になった廃妃が産んだ子供を次の王にすることに高官たちの抵抗があったのだが、儒教社会ではやはり長男が重んじられる。この長男は成宗が亡くなったあと、10代王・燕山君(ヨンサングン)として即位した。
燕山君は母が死罪なったことを知らないで育った。
なにしろ、成宗が「尹氏のことは絶対に話してはいけない」と釘をさしていたからだ。しかし、出世に目がくらんだ奸臣(かんしん)が燕山君にすべての真相をばらしてしまい、燕山君は逆上した。
暴君として悪名高い彼は、母の死に関係した者たちを大虐殺した。
67歳になっていた仁粋大妃は、出来の悪い孫を叱った。




しかし、もともと燕山君は母が死んだのも仁粋大妃のせいだと思い込んでいる。彼は冷静さを失い、仁粋大妃に頭突きをくらわしてしまった。このときのケガがもとで、仁粋大妃は1504年に亡くなった。
これで燕山君は母の仇を討ったつもりだったのだろうか。しかし、暴虐のかぎりをつくす燕山君は、1506年にクーデターで王宮を追われた。亡くなったのは、廃位になってから2カ月後だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

〔仁粋(インス)大妃の命を縮めたのが孫の燕山君(ヨンサングン)だった〕

仁粋大妃(インステビ)とはどういう女性だったのか

仁粋(インス)大妃の悲惨な最期!朝鮮王朝王妃側室物語6

燕山君(ヨンサングン)と仁粋(インス)大妃!祖母と孫の不幸な関係

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

仁粋大妃について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る