トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決1〔出会い編〕

元子の指名を高官が大反対

張禧嬪は1688年10月に、粛宗が待望した息子を産みます。それが、後に20代王になる景宗(キョンジョン)です。
生まれてから2カ月半後に、粛宗は、長男を「元子(ウォンジャ)」にしたいと言いました。本来、王の正式な後継者は「世子(セジャ)」なのですが、多くは5歳くらいのときに指名されます。それ以前に、世子になる筆頭候補が元子なのです。




粛宗は、「生まれたばかりの長男を元子にしたい」と宣言しますが、高官たちから「それはなりません。仁顕王后はまだ若くて子供を生む可能性があるのに、なぜ、側室が産んだ息子をいきなり元子にするのですか」と大反対されました。
もし仁顕王后に息子ができた場合、正室が産んだ嫡男が世子になれないという事態になってしまいます。高官が反対するのは当然のことです。
ところが粛宗は、「余が決めたことだから」と強引に押し切ってしまいます。
(第2回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=電子書籍『康熙奉講演録/朝鮮王朝で一番知りたい話』

トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決2〔廃妃編〕

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る