昭顕(ソヒョン)世子は清での人質生活をどう過ごした?

もし昭顕世子が王になっていれば

8年間の人質生活を終えて、昭顕世子と姜氏が故国に帰ってきた。1645年2月のことだ。
昭顕世子は、久しぶりに会った仁祖に、清と西洋の文化のすばらしさを語った。
激怒した仁祖は、昭顕世子に硯(すずり)を投げつけた。それほど怒りが激しかったのである。
その2カ月後、昭顕世子は高熱を発して倒れた。王族の主治医による鍼治療が行なわれたが、病状が悪化してそのまま亡くなってしまった。




仁祖と趙氏が昭顕世子を毒殺したのではないか、と疑われている。事実、鍼治療を行なった医官は、趙氏の息がかかった者だった。
仮に昭顕世子が存命で、仁祖の後を継いでいれば、王になった彼は清と西洋の先進の文明を朝鮮王朝に取り入れたはずだ。
そうなっていれば、その後の朝鮮王朝はどうなっていたことか。
帰国してわずか2カ月で急死した昭顕世子の短命が惜しまれる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る