光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

統治者としての2人

結局、仁祖の戦略が功を奏して、仁穆王后の許可を受け、クーデターは歴史的に「反正」と呼ばれるようになった。
さらに、即位後の仁祖は光海君の悪評を徹底的にふりまいて、自分の正当性を広く喧伝した。
それはもう、涙ぐましい努力だった。




しかし、結局、仁祖は失政続きで政治を混乱させた。統治者としては、光海君の足元にも及ばなかったのである。
もう一度、問いかけてみよう。
「光海君を廃位に追い込んだ仁祖のクーデターに大義名分はあるのか」
歴史的には、大きな疑問が投げかけられている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。[各ジャンルの紹介] ●日本と韓国の歴史(歴史探訪/韓国の歴史/日韓交流史) ●時代劇の主人公 ●奇皇后 ●オクニョ(登場人物/豆事典/歴史解説/ドラマ解説) ●華政/イニョプの道(華政・韓国時代劇/イニョプの道) ●朝鮮王朝人物列伝 ●国王列伝・事件簿(おどろき国王列伝/事件簿) ●歴史事典・編集部(歴史事典/編集部)
ページ上部へ戻る