正祖(チョンジョ)!命を狙われ続けた王

 

朝鮮王朝人物列伝/第5回

韓国時代劇のドラマ『イ・サン』や映画『王の涙-イ・サンの決断-』の主人公として有名な正祖(チョンジョ)。王になる前から何度も命の危機にさらされた彼は、どのような人生を歩んだのだろうか。その背景を見てみよう。

朝鮮王朝22代王・正祖の肖像画

朝鮮王朝22代王・正祖の肖像画

幼少時に受けたトラウマ

21代王・英祖(ヨンジョ)の息子である荘献(チャンホン)。聡明だった彼は世子となるが、その際に政治を批判したことにより、重臣たちを敵に回してしまう。
その後、重臣や荘献の親族たちの策略で父親と険悪な関係になった。度重なる悪評を聞いた英祖は、息子に自害を命ずる。しかし、いつまで経っても自害しようとしないため、しびれを切らした王は、荘献を米びつに閉じ込めてしまう。
荘献の息子である祘(サン)は、必死で「父親を助けてほしい」と懇願するが、英祖はその願いを受け入れなかった。結局、荘献は世子という立場でありながら、米びつの中で餓死するという悲惨な最期を遂げた。(詳しくは第14回 思悼世子編より)




幼かった祘は、父親を陥れた者たちに対して復讐心を抱いた。世子だった荘献が亡くなったことで、英祖が新たな後継者として祘を指名する。立派な後継者にするために英祖は様々な教育を施すが、荘献を陥れた者たちからしてみれば、それは望ましいことではなかった。祘が王になれば、自分たちが報復されることがわかっていたからだ。そのため、彼らは刺客を放って、祘の命を何度も狙った。
かなり用心深かった祘は、寝るときも着がえなかったそうだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る