李成桂(イ・ソンゲ)!朝鮮王朝の初代国王

朝鮮王朝時代の始まり

1394年、李成桂は都を開城(ケソン)から漢陽(ハニャン/現在のソウル)に移して、基盤を固めた。その1年後の1395年には正宮である景福宮(キョンボックン)の建設を始めた。
順風満帆な国造りを進める李成桂だが、彼はすでに54歳で後継者の選定も急がなければならなかった。




当時、李成桂には先妻から6人、後妻から2人の計8人の息子がいた。誰もが、建国の功臣として活躍した先妻の息子から王を選ぶと思ったのだが、なんと李成桂はまだ幼い八男の芳碩(バンソク)を跡継ぎに決定した。
これには、先妻の息子たちからも大きな不満があがった。特に、もっとも活躍した五男の芳遠(バンウォン)は、怒りを露わにした。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る