なるほど韓国24「されど韓国の女性は強し!」

つらい境遇の女性たち

「出嫁外人」は、嫁いで実家を出た女性はもはや実家の人間ではないという意味だ。「外人」という単語が生々しい。これは、実家に絶対に戻ってはいけないという戒めにもなっていた。
さらに、結婚した女性を苦しめたのが「七去之悪」である。
これは、夫の側が妻を平気で離縁できる7つの条件をさしていた。
その7つを列記してみよう。

・夫の両親ともめてしまった
・息子を産まなかった
・人をだます性格である
・間違った行ないをした
・あまりに嫉妬深い
・病弱である
・おしゃべりである




いかがだろうか。離縁されても仕方がないという条件もあるが、多くは「言いがかり」である。「おしゃべり」や「嫉妬深い」で離縁されては、妻もたまったものではないが、19代王・粛宗(スクチョン)のように本当に「嫉妬深い」を理由に正妻を離縁した王もいた。
(ページ4に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国22「ぼられる楽しみ」

なるほど韓国23「極端な少数精鋭主義の韓国スポーツ界」

なるほど韓国25「日韓の新聞を読み比べてみれば」

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る