なるほど韓国8「実際に文字を作ってしまった国王」

 

日本は平安時代に漢字からひらがなとカタカタを派生させて、人々が発音する言葉をうまく表記する手段を得た。漢字だけだったら、とうてい日本人の発音を表記できなかっただろう。
「ハングルを作った王」として知られる世宗の像




表音文字がなかった時代

朝鮮半島は15世紀になっても、公式に採用されている文字は漢字だけで、人々が話す言葉を正確に表記することは難しかった。加えて、教育を受ける機会があまりない庶民は、難しい漢字を使いこなすことがなかなかできなかった。つまり、漢字を熟知する特権階級だけが文字を縦横に使いこなし、庶民は不便を強いられたのだ。
それを不憫に思ったのが、朝鮮王朝の4代王・世宗(セジョン)だった。彼は、漢字だけでなく、朝鮮半島の人々が簡単に覚えられる表音文字が必要だと考えた。
しかし、大反対も予測された。中国は周辺国家が独自の文字を持つことを警戒していたし、難解な漢字を使いこなすことで特権を享受していた高級官僚が抵抗することが目に見えていた。
そこで、世宗は極秘のプロジェクトを組織した。学識に優れた有能な若手学者を集めて言語の研究をさせたのである。その研究の中心にはいつも世宗がいた。
1443年、ようやく民族独自の文字が完成した。それが「訓民正音(フンミンジョンウム)」である。今のハングルのことだ。




この文字を公布するときに世宗は「学問がない人は言いたいことがあっても、思いどおりにその意思を表すことができない。これを不憫に思って新たに28字を作った」と述べている。
訓民正音の公布によって、朝鮮半島の人々は自分たちが発する言葉を正確に表記する言語を得た。まさに歴史が変わったのである。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国6「韓国の鉄道では何が起こるかわからない」

なるほど韓国7「舟盛りVS大皿いっぱい盛り」

なるほど韓国9「祭祀は一族の結束を固める」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る