昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

わずか2カ月後の急死

帰国したばかりの昭顕世子が、急に高熱を発して倒れた。
それは、1645年4月23日のことだった。
「大変なことになった。世子様が心配だ」
宮中は大騒ぎになった。
しかし、昭顕世子の病状は回復せず、4月26日に息を引き取った。
このあとの仁祖の態度が異様だった。




王位を継ぐべき世子が亡くなったというのに、その葬儀を信じられないほど冷遇したのだ。服喪期間も短縮される有様だった。
これでは、仁祖が世子の死を悲しんでいないと思われても仕方がなかった。
なぜ、仁祖はそんなことをしたのか。
しかも、葬儀の冷遇だけではなかった。
本来なら、昭顕世子の息子が正統的な世子として認められるべきなのに、仁祖は強引に自分の二男を世子にしてしまった。この二男が鳳林(ポンニム)大君である。(ページ3に続く)

昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

昭顕(ソヒョン)世子は清での人質生活をどう過ごした?

昭顕世子の妻だった姜氏(カンシ)の悲しき運命!

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る