歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執(再読版)

窮地に陥った貞明公主

仁祖が急に体調を悪化させたときに「誰かに呪詛されている」と思い始め、その犯人として貞明公主を疑ったのである。
そのときは重臣が「貞明公主に疑いをかけてはなりませぬ」と強く主張して、貞明公主は処罰されることを免れた。
しかし、仁祖は執拗だった。
最初に貞明公主の呪詛を疑ったのが1632年だったが、その7年後にまた仁祖は貞明公主の呪詛を取り上げた。
確かに、呪詛物(人骨や小動物の遺骸など)が寝殿から発見され、仁祖は貞明公主に従っている女官たちを厳しく調べた。
もはや、貞明公主の処罰は避けられない情勢になってしまった。
大ピンチに陥った貞明公主だったが、究極的に貞明公主を救ったのが高官の崔鳴吉(チェ・ミョンギル)だった。



崔鳴吉はこう力説した。
「貞明公主は宣祖(ソンジョ)大王の直系の王女です。もし、貞明公主を処罰したら、反正(パンジョン/仁祖の即位のきっかけになったクーデターのこと)の正統性はどうなってしまうでしょうか」
最終的に、貞明公主は崔鳴吉に救われたのである。
この崔鳴吉は『華政(ファジョン)』の中でも重要な役割を演じていた。このあたりは、史実とドラマを比べながら見ると面白い。
いずれにしても、母の仁穆王后が亡くなったあと、貞明公主は仁祖の豹変のせいで常に窮地に立たされていた。
そんな中でも夫の洪柱元に支えられて、7男1女をもうけた。
1649年に仁祖が亡くなったあとは、歴代の王に丁重に処遇された。そのおかげで、所有していた広大な土地を子孫に残すことができたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

仁祖と貞明公主について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

7男1女を育て82歳まで生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)の人生!

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る