明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場(再読版)

 

朝鮮王朝の13代王・明宗(ミョンジョン)は、1534年に生まれた。父は11代王・中宗(チュンジョン)で、母は中宗の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后である。文定王后は中宗との間に1男4女をもうけたが、その「1男」が明宗だった。




19歳も上の兄がいた

明宗が生まれたとき、世子(セジャ/王の正式な後継者)となっていた兄がいた。世子は1515年の生まれで、明宗より19歳も年上だった。
中宗の正室から生まれた王子は世子と明宗だけだったが、19歳も上の兄がいるだけに明宗が王位に就く可能性はとても低かった。
しかし、あきらめなかったのが母の文定王后であった。
「世子さえいなくなれば……」
そう考えた文定王后は、自分がお腹を痛めて産んだ明宗を絶対に王にしたいと考え、世子の命を狙うようになった。
しかし、暗殺の危機を乗り越えて、世子は1544年に中宗が亡くなったあとに12代王になった。これが仁宗(インジョン)である。
彼は人徳があり親孝行な王だった。そんな仁宗の命を狙い続けた文定王后。その執念は凄まじかった。




結局、仁宗は即位して約8カ月で急死した。
文定王后に毒殺されたと見られている。
いずれにしても、仁宗の急死によって、明宗が13代王として即位した。仁宗に子供がいなかったので、弟に出番がまわってきたのである。
(ページ2に続く)

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

https://goo.gl/uBV9d6

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

https://goo.gl/92ZQtu

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

https://goo.gl/57YFpx

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る