実際に起こったイ・サン(正祖)暗殺未遂事件!

老論派は敵

正宮として建てられた訳ではない慶熙宮は、王が執務をする場所として手狭なうえ、賊の侵入を許しやすい構造になっていた。
それがわかった以上、慶熙宮を正宮として使い続ける訳にはいかない。対策としては遅すぎる感もあったが、正祖は昌徳宮を改修して正宮を移した。
さらに、自身の身を守る親衛隊を強化し、以前より厳重な警戒を行なった。




正祖が何よりも警戒したのが老論派(ノロンパ)だ。敵対するこの勢力は、即位後の正祖に数々の妨害行為を行なっていた。
中でも、老論派の代表的な家柄である洪啓禧(ホン・ゲヒ)の一族は、執拗に正祖の命を狙った。国父である王も派閥にとっては敵でしかなかったのだ。
洪啓禧の孫であった洪相範(ホン・サンボム)も、父や叔父たちが流罪となり没落すると、正祖を憎み、栄華を取り戻そうとした。(ページ3に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

『イ・サン』が描いた正祖(チョンジョ)と洪国栄(ホン・グギョン)の関係は真実?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る