「悲劇の朝鮮王朝・三大世子(セジャ)」とは誰なのか?

孝明世子(ヒョミョンセジャ)

3人目は、孝明世子(ヒョミョンセジャ)である。
孝明世子といえば、パク・ボゴムが主演した『雲が描いた月明り』の主人公であったイ・ヨンのモデルとなった人物だ。
1809年に生まれた孝明世子は、頭脳明晰で容姿も端麗だったと言われている。今でいえば、パク・ボゴムのイメージにピッタリだ。
息子の才能を大いに買った父親の23代王・純祖(スンジョ)は、孝明世子が18歳のころから政治を代行させた。
その期待に応えて、孝明世子は人事面で手腕を発揮し、芸術振興や王室の儀式の改善などに力を尽くした。
「国王になればどんな名君になるだろうか」




周囲がそのように期待したが、わずか21歳で血を吐いて急死してしまった。
彼がもし国王になっていれば、朝鮮王朝の停滞した政治を大いに改革して、見事な成果を発揮したはずだ。
しかし、孝明世子の急死によってその後の王位継承は混乱し、朝鮮王朝は衰退せざるを得なかった。孝明世子の死は、朝鮮王朝にとっても本当に痛手だったのである。
こうして見ても、昭顕世子、思悼世子、孝明世子の3人は、朝鮮王朝の歴史の中でも「悲劇の三大世子」と言えるだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る