張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

ライバル対決の終わり

ドラマの展開上は、張禧嬪がトンイにぶざまに屈伏する形になった。それを象徴するのが、張禧嬪がトンイの服のすそをつかみながら「せめて世子だけは守って」と懇願する場面だった。
史実ではありえない話だ。
しかし、ドラマではここが見せどころになっている。




「自尊心が強くて高慢で嫉妬深い女性が、謙虚で思いやりがあって明るい女性をとことんいじめ抜くが、最後の最後になって自分の負けがわかるとぶざまにひざまずく」
このように立場が逆転する展開は、現代劇でも時代劇でも、「ドラマの王道」と言ってもいい。
その王道に忠実に『トンイ』は制作され、張禧嬪の最期をもって2人のライバル対決は終わったのである。
歴史書に残る史実では、張禧嬪が死罪になる前に淑嬪・崔氏に会った形跡はまったくないのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

張禧嬪について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決1〔出会い編〕

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る